こんにちは、めぐです。

精神障害を抱えながら、日々奮闘しています。

発信することが大好きでTwitterをはじめとするSNSや

YouTube、17ライブという配信業もしています。

そして、私生活ではアルバイト掛け持ち2個

レジン制作も趣味で行っています。

主治医の先生からは

気晴らしになることは自由にしてもいいですよ♪

と優しく見守っていただいています。

しかし、こうした表に立つ活動をしていると、見えないところ、関わりのない人、深く関わりのある人からも…

アドバイスやご指摘、批難の声を受けることもあります。

長く配信業を続けていったので慣れている部分ではありますが、

やはり、度を越えた批判やアドバイスは受け止めきれずにキャパオーバーしてしまいます。

今回は、そうしたトラブルとの付き合い方を自分目線で書きます。

あくまで私の目線なので不快に思われる方もいると思います。

ただこちらのブログは発信が目的ですので、それを前提に温かく見守っていただければ幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーはこちら

どんなに好きな人の言葉でも、○○しませんか?という柔らかい言葉でも、受け止めきれなくなるくらいに思考が飽和状態になっている。

○○しなさい!○○しろ!

日頃からこうした叱咤を受けることが多く、そうした言葉に幾度となくつぶされてきました。

自分の中でも何度も何度も○○しなくちゃ!と頭を抱えています。

言われた言葉通りに行動しようと精一杯心がけているつもりですが

それでも自分中心になってしまい、必死の自己擁護をしていると客観的に見たら思うかもしれません。

ただ立て続けに周りから言われ続けてしまうと…

優しい提案ですら、拒絶してしまうのです。

これは完全に私の言い訳なので、不快に思う方も中にはいると思いますが、

相手が私のために良かれと思い提案してくれた内容も、余裕がないときは過度な命令に聞こえてしまい、「ひどい!」と思ってしまいます。

精神障害だから、という言葉も言い訳ですし、もう少しワンクッションおいてお返事を返せばよかったのにと思うこともありますが、どんなに優しい提案も「今の自分の精神状態では受け止めきれないほどにキツイ一言」に見えてしまうときがあります。

すべての方に理解をしてもらいたいというのはとても難しいですが、

私と同じようにこうした精神状態になっている人も中にはいると思うのです。

受け流せばいい、という行為すら難しい

自分へ向けて入ってくる情報はすべて、自分の課題として積みあがっていきます。

すべての人の期待に応えよう、相手を尊重して行動できる人になろう、もっともっともっと…自分の悪い部分を正さなければいけない!

旦那から「いつも相手を挑発するような発言をするから悪いんだ」と言われハッとしました。

私は常に相手を尊重して発言している「つもり」でしたが、余裕のないときは無自覚に相手を挑発していたことに気づきました。

(これも自分に対する言い訳で自分は悪くない!と言っているように聞こえるかもしれませんね…)

どんなに優しい言葉を心がけようと意識しても、

傷つけるつもりはないのに傷つけてしまうこともあるんだ…

そういう気づきがありました。

なぜそうなってしまうのか?

それはすべての言葉を受け流すことが「できないから」だったのです。

みんなの言葉をしっかり受け止めよう、相手に応じた対応をしよう、誠心誠意込めて返答しよう…そういった、自分への課題が山積みになって余裕がなくなってしまったときに、挑発的な発言が無意識に出てきてしまうのか!と気づきました。

厳しい言葉を言われたら受け流せばいいよ、義母にも言われました。

それが、自分には簡単に取捨選択ができなかったのです。

余裕がなくなったときに選ぶ選択肢が「逃げる」コマンドだった

私が余裕のないときに何を選ぶか。

「自分と向き合うことをやめて逃げる」でした。

責任放棄しています。これでは悪循環です。

ですが、私の中で課題がキャパオーバーしており、そういう時にできるのは、自分が処理することのできる、自分の得意とする、楽しいと思えることを最優先に選択し、受け入れられない課題は放棄する、ということでした。

そうした面を客観的に第三者から見たときに、

めぐさんは、向き合うべき部分から目をそらして逃げている。

そうとらえられてしまうのではないかと思いました。

そう思われてしまうことはわかっていながらも、とても苦しかったです。

なので、今はSNSから逃げることを選択することにしました。

心の底から辛い!もう嫌だ!と叫ぶのもいいけれど、逃げることを選び休養しようと思った

それが今の自分の最善の選択です。

楽しくないことにエネルギーを注ぐのはもうやめて…

山積みの課題も、放棄して…

いまはただ、処理ができるような気持になるまでしまっておこうと思いました。

時につらい、目の前に聳え立つ恐怖ばかりが目につき、それが何とかできずに未処理の課題がつらい!助けて!と叫んでしまうかもしれませんが…

そういう言葉を温かく受け止めてくれる相手にだけ叫んで、

多方面には発しない。我慢も必要なのだと気づきました。

そのことに気づかせてくれた皆様にただ感謝しかありません。

自分の至らない発言、不用意な行為により不快な思いをさせてしまったことを心から謝罪し…今は心の休養に努めたいと思っています。

逃げるは恥だが役に立つ

そんなドラマがありました。

逃げることを選ぶのは恥かもしれませんが、またいいこともありました。

後日嬉しい報告ができると思います。

恐らく、しっかり自分の課せられたものに向き合ってほしいと願う方も多いと思いますが、今の私にはキャパオーバーしてしまっているので、SNSは閉じて逃げることを選ばせてください。

逃げるコマンドを選んだことにより、悪いことばかりではない。

いい知らせが舞い込んでくることもある。

それが自分に幸せとして還元されて、明日を生きるエネルギーにつながるのであれば…

逃げるという行為を恥を知りつつ選ぶこともまた人生の選択肢の一つかな、と思いました。

それでは、今日も良い一日をお過ごしください。

スポンサーリンク

スポンサーはこちら