おはようございます。

家族と会話をしているとどうしても噛み合わなくなってきますね〜。

近づくと嫌な部分が見えてしまうんですよね。

常識ハズレをつついて刺激して

それでも私はこういう考えだって自分を貫くと…

相手はサーっと身を引きます。

はて??議論してるつもりは無いのになぜこうなるのでしょうか

スポンサーリンク

スポンサーはこちら

屁理屈だ!!素直じゃない!!ひねくれてる!!

まずこう言われます|・ω・`)フムフム

ほぉほぉ〜。周りから見ると私って屁理屈で素直じゃなくてひねくれてるんだなぁ。

その通りだと思います(開き直りか笑

こう言われることに慣れてるので、言われるとつい笑ってしまいます٩( ᐛ )و☆

しかも相手はとてもしかめっ面で言うもんだから余計に「フフっ」と笑ってしまう。

自分の中で悪気が無さすぎるんですよねぇ…

開き直りか…

でも自分の目線で考えると一切ひねくれてもいなければ、ズレてもいない。

価値観の軸が違いすぎて周囲に理解できないだけなのです∈(´﹏﹏﹏`)∋

それを理解してくれそうな人を求めては発信を繰り返しているのが今の私かもしれないです〜

常に真実を自分の目で選別し見極める訓練をしている

ちなみにその訓練がとても楽しい。

世間の常識や、日本人の習性、古来の人の考えや、宗教、多様な文化を知ることが楽しい。

そこで得たものが、自分に合うかどうかをフィルタリングして合ったものを吸収する。

そして、今発信している言葉は、自分の言葉で表現出来うる限りの新たな世界の切り口や真理追求しています。

過去の発言を振り返ると今とは違うこともあるので、それも面白かったりして、毎日が訓練です。

自分で知る、選ぶ、感じることが大切なことだと、ここ数日のブログでは伝え続けていました。

ひとつの共通した終焉と始まりに辿り着くこともだんだんわかってきました。

人それぞれに、これは悪、これは善と選別する尺度は違います。

そしてそれを肯定して欲しいと思うのが人間です。でもいちばん身近な家族に肯定してもらうことって実はいちばん難しいんですよね。

だから叱らない、褒める、認める

息子に心がけることは一貫しています。

怒りの感情がする湧き上がっても極力抑えます。怒鳴りません。精神統一です。

そして褒めます。毎日必ず褒めます。

しつけがなっていない!!と私の母はいいますが、しつけってそもそも何のためにするのでしょうか?

親の基準で善悪を教えることでしょうか?

違います。

子ども自らの力を信用し、

善悪の基準を自ら判断できる子に育てること

しつけていないからといって決してネグレクトをしているわけでもないのです。

愛情を注ぎ、怒りを鎮め、褒める。

良い事だけを教えます。

本当に身の危険になることは全力で止め阻止します。守ります。

怒りや怒鳴り声でしつける方法はもはや傷つけてしまうだけ。

品がある子供ない子供

親はそう選別しますが違います

品があるから必ずしも良いとは限りません

子供らしさ、天真爛漫に活発に、

イタズラを自由にしていたとしても

良いことをした時にたっぷりと褒めるだけ

親が承認していくことが子の自立につながります。

私は、承認欲求が満たされないまま大人になってしまいました。

自分で自分を良しとすることができません。

親に認めてもらいたい願望が今でもあるだなんて、本来恥ずかしいことかもしれませんが本当のことです。

認めて欲しい。信じて欲しい。自分のやっていることが成功する日まで辛抱強く見守って欲しいのです。

でも自分の子供には私のようになって欲しくはないから

あくまでも自分流です。

しつけは、言葉がしっかり通じてから。

それまでは見守る。

嬉しい時に喜ぶ。

楽しい時に笑う。

悲しみや怒りの感情を子どもが持った時は根比べをして絶対に自分の感情を優位にしないと心掛けています。

これを続けていればきっと自分の力で親を超える日が必ず来るから

子は親を超える力を持って生まれました。

親は超えるべき存在。

それが私の考えです。

そしてこれからの激動の世を生き延びるべき存在なのです。

だから息子には私を、父親を超えて貰います。

言葉がわかるようになって教えることは、犯罪を犯すことは絶対に行けないことと、ギャンブルに手を出さないこと。ニートにはならないこと。

それくらいでしょうか。

あとは自由に選んで欲しいです。

自分の力で選別できる人として大きくなりますように。

あなたは時代を駆け抜けるでしょう。

いつかそう教えるつもりです。

いつか真理にたどり着くのはもしかしたら息子かもしれませんね。

ドラクエ5の勇者も子どもですから。

最後まで読んでくれてありがとうございます♪

もしよかったらあなたの子育て観を教えてください。

私の考えにそぐわなくても、構わないのです。教えてください♪

スポンサーリンク

スポンサーはこちら